クライアントさんの声6

■「あ、おれは、ここまで使って大丈夫なんだ、というのがわかるから積極的なお金の使い方ができるようになりました」

<東京都 コンサルタント業 40代 年商1,500万円 男性>

(1)個別コンサルティングを受ける前の状況はどんな感じでしたか?

いままでは、販促費を掛けるとか、企画を練って売り込んでみるということをしていませんでした。

とくに販促費を掛けなくても仕事が来る状況だったこともあって、販促費に関してはいままで何も考えていませんでした。

未来の予測としても半年先なんてまた来るだろう程度にしか思っていませんでした。 自分の事業がいつまで続くのかとか、どのくらいお金をかけていいのかもわかりませんでした。

「やりくり表」を導入する前は、お金の動きを読み取れていなかったので、 躊躇しちゃって怖くて販促費を掛けられなかったというのが本当のところかもしれません。

使えるお金がどのタイミングでどのくらいあるのかを知っておかないと、エイヤーでやるしかないじゃないですか。

いくらもうけて、いくら使って、どのくらい売上が上がっているのかさえもわからなかった。 早い話、「いきあたりばったり」だったということですかね(笑)。

そうやっていると一発で成功しなきゃいけないギャンブル的な要素が強くなりますしね。 絶対に失敗は許されないという変なプレッシャーも掛かるし。もうビジネスではないみたいな、と思っていました。

それが「やりくり表」を導入するまえの状況です。

(2)個別コンサルティングを受けようと思った決め手は何でしたか?

お金のことってわからなさすぎるから最低限のことくらいは知っておかないといけない、 何かをやらないといけない、みたいなことについてはずっと考えていたようには思います。

でも、決算書とかだとわけがわかりませんし、税理士からもらう試算表を見てもまったくわかりません。 見方がさっぱりわからないので、お金や数字のことについては放置していました。

ところが、大口のコンサルティングが終了したりある会社の役員をしていたのですがその役員を抜けたりしたので、 その分の収入をなんとかしなければいけなくなりました。

それプラスほかの仕事ももちろんやっていましたが、いつコンサルティング契約が切れるかもわからないわけで、 だから次のための準備をある程度はしなければいけなくて、 でもそういう状況だったにもかかわらずお金がどれくらいあって自分が使えるのはいくらまでなのか? それすらサッパリわからない状態でしたから、まずはそこを知るために、「やりくり表」を導入してみました。

(3)個別コンサルティングを受けてどう変わりましたか?

「やりくり表」を導入してみたら、自分の売上がいくら上がっているのかがわかったし、 個人事業みたいな世界のところもあるので、自分のお金がどれだけ増えてきているのかが見えるようになってきました。

もう少し詳しくいうと、半年先までがだいたい予測できるようになりました。 半年先にどれくらいの売上が上がっているのかとかが見えてきたので、 売上が足りない期間に対しては半年前から活動ができるという風に行動が変化しました。

半年先が見えることによって何が変わったかというと今の動きが変わりました。 半年先の売上を作るためにいま考えて動いているというのがいまの状況です。

半年先まで仕事が取れたら、ちょっとその先の、1年先まで考えて動いてみるとか、 結局、今の動きは将来に向かっての動きなんですよ。

将来の状況から逆算して今の行動が決まるという意識が明確になりましたね。 自分の中では随分動きが変わった気がしています。 そして、その行動の結果として「やりくり表」の数字もいい向きに変わってきています。

「やりくり表」の数字をチェックするようになってからは、自分が何をしていないのか? あるいは何をすべきなのか?が客観的に見えるようになりました。

例えば、より違う方面からの集客ということも考えなきゃいけないというふうになりましたね。 販促費をかけながらもっと多くの人に知ってもらおうという思いが強くなりました。

別に難しいことではなく、「やりくり表」を見て、半年先だとあれっ売上が上がらないぞ。 半年先に売り上げをあげようと思ったらいまから集客していってとか、 いろんな形で宣伝をしながらやっていかないとそこまでたどりつかないぞ、 ということが「やりくり表」を見ていたら自然に見えるようになってきたということです。 そして半年先を見ながら動けるようになりました。

使いにくさ、作りにくさ、難しさについても、そういうことはまったくありませんでした。 一回形さえわかってしまえば、なんの難しさもなかったですね。簡単でした。

だって「やりくり表」はお金の動きしかとらえないから、他の細かいことはわからなくてもいいでしょ。

決算書はいまだにわからないけど、「やりくり表」であれば、いまいくらあって、いくら儲かっているのかはすぐにわかるから簡単です。

もう決算書はいらない。決算書を見る気もないです。「やりくり表」があれば十分です。

わたし自身はね、本当に「やりくり表」を教えてもらったおかげで、先が見えるようになりました。

だからコスト掛けられるようになりましたよ。販促費を。

いままではわからなかったから掛けられなかったけど、いまはわかっているから、あ、これくらい掛けようとか、 どれくらいやっておこうとか思えるようになりましたもんね。

「やりくり表」があるから、本を一度にドサッとまとめて買うこができるし、 自主開催のセミナーをやろうと思ったのも、これくらい失敗してもいいやというのが自分でもわかるから、ボンと出せる。

お金がかけられるというのがわかるということはすごく影響デカイですよ。失敗が許されるわけですからね。

「やりくり表」を見ていると、あ、おれは、ここまで使って大丈夫なんだ、 というのがわかるから積極的なお金の使い方ができるようになりましたね。

自分の会社の口座にいくらあるのかわかっていて、かつ、どれだけ収入が入ってくるか半年先までわかっていたら、 積極的なお金の使い方ができますよね。

半年先が今わかるようになっているので、「やりくり表」がない状態など今はもう考えられませんね。

「やりくり表」はあったほうがいいというよりも、もうないと困ります。

 このカテゴリーの記事

追伸

もし、当ホームページの内容について「コレだよコレ!」とピンときましたら、知り合いの社長さんにも当ホームページを教えてあげてください。一人でも多くの社長さんに知ってもらいたいので、ご協力よろしくお願いいたします。

LINEで送る
Pocket